神経内科の代表的な病気には、頭痛や脳卒中、認知症、パーキンソン病、てんかん、神経難病があります。

MENU

神経内科

 

病院の診療科目の中でも、少し複雑で分かりにくいと言われているのが神経内科です。

 

神経内科はどのような時に利用すればいいのでしょうか?
気になる実態について調べてきました。

 

 

神経内科とは

 

主に、脳や脊髄、神経、筋肉の病気を扱っています。
神経痛などの痛みや、神経を通じて障害が広がってしまう症状の治療や予防を行います。

 

初期症状としては、身体がしびれたり、ふらつく、歩けない、むせ、しゃべりにくい、急に身体が言う事をきかなくなった、物が二重に見えたり、めまいがする時などがあります。

 

該当する症状がでたら、早めに神経内科へいって検査と診察をしてもらいましょう。
基本的には内科の部類に入るので、内服薬などを通じた治療を行います。

 

 

 

神経内科と神経科は別物

 

神経科神経内科は同系統と勘違いされる事がありますが、中身は全くの別物です。

 

神経科のほか、精神神経科、心療内科なども神経内科と間違われやすい診療科目です。
ここで挙げた神経科や精神神経科、心療内科などは基本的に、心の病気を扱っています

 

神経内科の場合は、こうした精神的な問題ではなく、脳や脊髄、神経、筋肉に病気があり、体が不自由になる病気を扱っています

 

つまり、神経内科の症状で神経科などメンタルヘルス中心の診療科へ行ってしまうと、無駄足になったり、正しい診察をしてもらえない可能性が出てきます。

 

 

 

神経内科は、主に検査をして適切な診療科目を判定する役割を担う

 

神経は身体中に通っている為、疾患の原因が判断しづらい特徴があります。

 

身体がしびれたり、物が二重に見える原因は、整形外科、精神科、脳神経外科、眼科、耳鼻科など様々な要因が考えられます。

 

神経内科では、まずは症状の原因をつきとめて、必要に応じた診療科目を紹介する役割を担っています。

 

原因がはっきりしない症状でお困りの方は、まずは神経内科でしっかり診察や検査をしてもらうとよいでしょう。

 

 

 

代表的な神経内科の病気

 

頭痛がする女性

神経内科が管轄の病気には次のものがあります。

 

頭痛
脳卒中
認知症
パーキンソン病
てんかん
神経難病

 

こうした事例を見ると、重度な症例を扱う診療科に見えますが、紹介している通り、様々な神経の疾患の原因を検査する役割を担っていますので、軽度な頭痛をはじめ、身体の不調があったら気軽に受診する事ができます。