呼吸器官の疾患には命に関わる肺がんや結核があるので、呼吸器科は検査設備が整っています。

MENU

呼吸器科

内臓

 

気管および「気管支」「肺」「胸膜」などの疾患を得意にしているのが呼吸器科です。

 

「咳」「痰」「血痰」「喘息」「喀血」「息切れ」「呼吸困難」「胸痛」などが主な症例になります。

 

 

呼吸器疾患は内科で扱っている事が多い

 

呼吸器科専門の外来やクリニックは存在しますが、全国的に見て少ないです。

 

呼吸器科の多くは、「内科・呼吸器科」と2つ、もしくはそれ以上の複数の看板を掲げて診察しています。呼吸器科の悩みで受診を検討する時は、呼吸器科を掲げている内科を探すとスムーズです。

 

 

 

呼吸器科と間違われやすい症例

 

呼吸器科は、その名前の通り、「呼吸」に関する病状の診察を得意にしています。

 

例えば咳やタン、喘息や無呼吸症候群などは呼吸器科の得意分野になります。

 

しかし、鼻づまりによる呼吸困難な状況は耳鼻科の管轄になり、胸痛は症状によっては循環器科や整形外科の管轄になります。

 

呼吸や、それに付随する器官の悩みでも、原因がはっきりしている場合は、その原因が肺や気管支などの呼吸器と関連しているのかを考えて受診する診療科を選びましょう

 

 

 

禁煙外来を得意にしている

 

ニコチン中毒などによるタバコの依存症は様々な診療科で治療を行っています。

 

直接、肺呼吸でタールとニコチンを摂取するタバコの禁煙治療は呼吸器科が得意にしている症例で、禁煙外来に力を入れているクリニックや外来が多いです。

 

 

 

呼吸器科は内科と外科を併せ持っている所がある

 

呼吸器科は大きく分けて「呼吸器内科」と「呼吸器外科」に分類されています。

 

それぞれ、内科と外科で専門性を持って診療をしている所もありますが、内科+外科の双方で呼吸器の診察や治療を行っている所もあります。

 

呼吸器科を選ぶ時は、できれば内科と外科の双方を併せ持っている病院やクリニックを選ぶと、より最適な治療方法を選ぶ事ができます。

 

 

 

呼吸器科は検査設備が整っている

 

呼吸器の疾患は重たいものでは、肺がんや結核などがあります。そのため、呼吸器科ではレントゲンや大規模な総合病院ではPETなどの最先端の医療設備を導入しています。

 

呼吸器は症例によっては生命の危機に直面する事もあります。
気になる症状が出たら、早めに呼吸器科に受診する事で早期発見や予防などができます。