心臓や血管に原因があると自覚している場合は、より専門性が高い循環器科を受診しましょう。

MENU

循環器科

 

心臓

循環器科とは、主に心臓病や血管などの病気を治療する診療科目です。
高血圧症などの軽度の症状から、脳梗塞などの重度な急性病の診療が領域です。

 

不整脈や、血流の悪さなど、心臓や血管に不安がある方は、循環器科を利用するとよいでしょう。

 

 

循環器科は生活習慣病に強い

 

循環器科は、喫煙や飲酒、食事、運動、肥満などの現代人の代表的な生活習慣病や悩みを得意にしています。

 

禁煙をしたいけどできない方や、食事や運動など生活環境の見直しで現在の身体に対する不満を解決させたい方は、軽度な症状や悩みから気軽に受診してみるとよいでしょう。

 

薬物治療だけではなく、生活の根本的な見直しによる指導やアドバイスなど、負担が少ない解決策を提案してもらう事ができます

 

 

 

循環器科はカテーテル治療が得意

 

循環器科は、内科に分類される診療科目ですが、投薬や検査だけではなくカテーテルを利用して実際に治療する事ができます

 

例えば、血管が狭く血流が悪くなっていた場合、カテーテルを血管の中に入れてバルーンで膨らませる事で、血管を広げてあげたり、心臓にペースメーカーを入れる事なども循環器科の管轄になっています。

 

内科の中でも特殊で、具体的な治療を期待している方にもオススメできる診療科です。

 

 

 

循環器の悩みは早めに相談を

 

国内では死因の第一位は、がんとなっていますが、欧米では循環器の疾患が死因の一位になっています。

 

循環器疾患の症状は息切れやめまいなど、「このくらいであれば、少し休めば治る」と思ってしまうような自覚症状が少ない事から始まります。

 

しかし、こうした初期症状を放置していると重大な疾患へ発展してしまうリスクを伴います

 

特に食生活が偏っている方や睡眠不足など、生活習慣が乱れている方は、少しでも身体がおかしいと思ったら、早めに循環器科に受診するようにしましょう

 

 

 

軽度の診察は一般内科でも対応できる

 

循環器科で扱う症状の初期診察は一般内科でも診てもらう事ができます。

 

しかし、心臓や血管に原因があると自覚している場合は、より専門性が高い循環器科に受診すると、早期発見や効果的な治療法の提案をしてもらう事ができます。

 

一般内科と循環器科の線引きは曖昧ですが、循環器科の特性を理解して上手に利用する病院やクリニックを使い分けましょう