手術を行う機会も多い外科診療は、ドクターの腕前の優劣が顕著に現れやすい診療科目と言えます。

MENU

外科

 

外科とは、内科の反対属性の意味合いもあり、主に身体の外側の疾患や、外側から治療する診療科です。

 

外科には様々な種類があります。
一般的な外科の種類は次の通りです。

 

消化器外科

医療用語では「一般外科」と呼ぶ事もあります。

名前の通り消化器全般を外科学で扱う診療科目です。

 

消化器外科の中でも、胃腸管を専門に扱う分野と肝臓・胆道・膵臓を専門に扱う分野の2種類があり、外科医によって得意不得意が分かれています。

整形外科

骨、関節、筋肉、神経などの運動に関わる組織を扱います。

主に怪我や障害を中心に行っていて、リハビリ部門との連携が強い分野です。

美容外科

美容整形を中心に行う診療科です。患者は基本的に健康な人が多く、医療業界の中でも異色の診療科目で、自費の保険外診療が多い特徴があります。

形成外科

整形外科と美容外科の中間的な位置付けの診療科目

傷や美容整形など、皮膚の表面や形状を専門に扱います
傷の処置などは得意ですが、リハビリなどは原則対象外です。

脳神経外科

脳、脊髄、末梢神経系およびその付属器官(血管、骨、筋肉など)を含めた神経系全般の疾患を手術など外科的治療を行います。基本的には他の診療科目からの紹介患者や、脊髄損傷や急性疾患などの重傷患者が多いです。

 

 

 

受診する外科の選び方

 

日常生活の中の病気や怪我で病院にかかりたい時の外科の選び方を簡潔にまとめました。

 

怪我をした場合 → 整形外科(形成外科でも可)
消化器官系の調子が悪い → 消化器内外科

 

この2つの考えさえ持っていれば、通院する外科選びで迷う事はありません。

 

外科では特殊性が高い診療科目が多く、軽度な症状の一般患者は脳神経外科や美容外科に行っても、対応してもらえないケースもあるので注意しましょう。

 

 

 

外科選びは重要

医者

 

手術を行う機会も多い外科診療では、ドクターの腕前の優劣が顕著に現れやすい診療科目です。

 

利用する時は、立地や通院の手間だけではなくて、なるべく評判が良い外科医がいる病院やクリニックを選びましょう。

 

腕が良い外科医の見極め方法は、日本整形外科学会の認定医を選ぶか、ネットのクチコミ投稿サイトなどで評判をチェックしてみるとよいでしょう。